リスクが潜む個人輸入

異なる規制を受ける場合

異なる規制を受ける場合

概要

国内で製造された医薬品等と同様に、海外から医薬品等を輸入して販売しようとする場合も、「効果がないもの」や「有害なもの」などの不良品が流通しないように、厚生労働大臣又は都道府県知事の承認や許可を受けることが必要になります。

麻薬及び向精神薬

医療用の麻薬又は向精神薬は、医師から服用等の指示をされた本人が、手荷物等として携得して輸入する場合以外は、一般の方が輸入することは禁止されています。
(本人が携帯せずに他の人に持ち込んでもらったり、あるいは国際郵便等によって海外から取り寄せることはできません。)

※ 医療用麻薬(モルヒネ、フェンタ二ル等〉を携帯して輸入する場合には、数量に関わらず、薬監証明とは別の関東信越厚生局長の許可が必要です。

※ 医療用向精神薬(ジアゼパム、トリアゾラム等)を携帯して輸入する場合には、関東信越厚生局長の許司は特に必要ありません。 携帯する向精神薬の分量が、その向精神薬毎に決められた分量を超える場合又は数量に関わらず注射剤を携帯して輸入する場合は、医師からの処方せんの写し又は患者の氏名、住所、携帯する向精神薬の品名・数量を記載した医師の証明書を、自己の疾病の治療のために必要であることを証明する書類として、通関時に提示する必要があります。薬剤と併せて、これらの書類を携行してください。

※ ただし、決められた分量以内でも、向精神薬は処方せん薬に該当するため、数量が1ヶ月を超える場合には、薬監証明を取得する必要があります。また、決められた分量を超え、かつ数量が1ヶ月を超えた場合も同様です。 (注:分量とは、総mg数のことです。数量とは、何日分のことです。)

覚せい剤及び覚せい剤原料

覚せい剤(メタンフェタミン、アンフェタミン)のほか、覚せい剤原料(一定濃度を超えるエフェドリン等)も、輸入が禁止されています。

大麻

大麻草(力ンナピス・サティバ・工ル)、大麻樹脂等の輸入は禁止されています。

指定薬物

亜硝酸イソブチル(俗称「RUSH」)、5-MeO-MIPT、サルビノリンA等、一般の方は輸入することができません。

その他

「ワシントン条約」(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)により、以下のような動物生薬及びこれらを含む製品は輸入できせん。
例)犀角(サイ力ク:サイの角)、麝香(ジャコウ:ジャコウジ力の分泌物)、虎骨(ココツ:トラの骨)、熊胆(ユウタン:クマの胆のう)等、及びこれらを成分に含むもの。

出典元:厚生労働省

ご相談・お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください

受付時間
月曜日~金曜日(土・日・祝除く)9:30~16:00

連絡ネットコールセンター

03-5542-1865

あやしいインターネットサイトを報告

URLを入力し、画面の文字列を入力して
送信をクリックしてください。