リスクが潜む個人輸入

個人で使用する場合

個人で使用する場合

概要

個人で医薬品を輸入する(個人輸入)する場合は、以下の書類が必要です

  • あくまでも輸入するあなた自身のためだけに使用することが目的であって、友人に譲ることなどを目的としていないこと、医師が患者の治療のために輸入する揚合は、輸入した医師のみが使用するのであって他の医師に使用させることはないとした、他に販売や授与などしないことを宣誓した書類
  • 目的毎に必要とされている書類

上記の書類を関東信越厚生局に提出します。
提出された書類の内容が必要な要件を満たしている揚合には、関東信越厚生局はそのことを示す証明書(薬監証明〉を交付します。これを税関に提示することにより、医薬品の個人輸入が可能になります。

目的

販売を目的としていない医薬品等の輸入の揚合で、「あなた自身が使用する目的で輸入する場合」や「医師が患者の治療のために輸入する場合」などは、以下の目的に限って輸入することができます。

  1. 個人使用のために輸入
  2. 医師等が治療に用いるために輸入
  3. 企業主体の臨床試験用に輸入
  4. 医師又は歯科医師主体の臨床試験用に輸入
  5. 試験研究・社内見本用に輸入
  6. 社員訓練用に輸入
  7. 展示会用に輸入
  8. 輸出したものを輸入(再輸入)
  9. 毒物・劇物叉は医薬品の原料として輸入(自家消費)
  10. 自宅以外の勤務先宛又は郵便局留めにした輸入

出典元:厚生労働省

ご相談・お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください

受付時間
月曜日~金曜日(土・日・祝除く)9:30~16:00

連絡ネットコールセンター

03-5542-1865

あやしいインターネットサイトを報告

URLを入力し、画面の文字列を入力して
送信をクリックしてください。