違法薬物のこと

薬物乱用の罰則

薬物の乱用は、法律で厳しく処罰されます。

以下は乱用とその周辺行為に関する主な罰則です。
営利を目的とする販売などは、さらに厳しい罰則規定があります。
手伝っただけでも犯罪の共犯やほう助にあたり処罰の対象になります。
海外での所持なども国外犯規定が適用され処罰の対象となります。

罰則

覚醒剤

輸入・製造 1年以上の有期懲役
所持・譲渡・譲受 使用10年以下の懲役

大麻

輸入・輸出・栽培 7年以下の懲役
所持・譲渡・譲受 5年以下の懲役

大麻の不正栽培は、法律で禁止されています。また、そのために大麻の種子を所持したり、提供したりすることは、処罰対象となります。

MDMA

輸入・製造 1年以上10年以下の懲役
所持・譲渡・譲受・使用 7年以下の懲役

指定薬物

製造、輸入、販売・授与、販売・
授与の目的での貯蔵・陳列
5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金またはこれを併科
所持、使用、購入、譲受 3年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金またはこれを併科

出典元:厚生労働省

ご相談・お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください

受付時間
月曜日~金曜日(土・日・祝除く)9:30~16:00

連絡ネットコールセンター

03-5542-1865

あやしいインターネットサイトを報告

URLを入力し、画面の文字列を入力して
送信をクリックしてください。