お知らせ

2014年9月3日
医薬食品局監視指導・麻薬対策課

指定薬物21物質(8月15日指定)を含む物品の販売が疑われる
インターネットサイトへの対応結果をお知らせいたします。

厚生労働省では、8月15日に指定した指定薬物21物質を含む疑いがある物品を販売する69のインターネットサイトについて、レジストラに対し削除要請を行いました。
注:レジストラとは、インターネットのドメイン(.comや.co.jpなど)を登録・管理する会社のこと。

また、国内プロバイダが判明している39のインターネットサイトについては、プロバイダに対しても削除要請を行いました。

その結果(9月2日現在)は、以下のとおりです。

 

削除要請を行ったサイト数

閉鎖又は危険ドラッグの購入が
不可能になったサイト数

国内サイト

46

26

 

 

うち国内プロバイダが判明しているもの

39

 

24

 

国外サイト

23

69 (注1)

35 (注2)

注1:このうち16サイトは警視庁からも削除要請を行ったもの。
注2:このうち8サイトは警視庁からも削除要請を行ったもの