お知らせ

2014年12月26日

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に基づき、
25製品が告示禁止物品(広域規制製品)となりました。

このページに記載された物品と同一と認められる物品(※)については、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第76条の6の2第1項により、製造、輸入、販売、授与、販売若しくは授与目的での陳列、広告が禁止されています。

※ 手書きで加工する、シールを貼る等、合理的に告示禁止物品(広域規制製品)と同一と判断できる場合には、同一と見なします。なお、掲載している物品は店舗から採取したものであり、既にシール等で加工されているものもあります。