お知らせ

2015年1月16日
医薬食品局監視指導・麻薬対策課

新たな危険ドラッグ対策によるインターネットサイトへの対応結果をお知らせいたします。

 厚生労働省は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の一部を改正する法律」(平成26年法律第122号)の施行に基づき、指定薬物等である疑いがあり、広域的に生産及び流通を規制する必要があると認めた物品(広域禁止物品)と同一のものと認められる物品等についてインターネット上で広告している127サイトについて、改正法に基づくプロバイダに対する削除要請等を行いました。

※ 12月26日時点での報道発表時の76サイトより追加し、更に51サイト(全て国外サイト)について削除要請等を実施しています。

その結果(1月15日現在)は、以下のとおりです。

  削除要請を行ったサイト数 閉鎖されたサイト数
国内サイト 40 32
国外サイト 87 61
127 93