お知らせ

2017年3月31日
医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課

平成26年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果について

 平成26年12月~平成27年3月にかけて、厚生労働省がインターネット上で広告され販売されていた製品を購入し、国立医薬品食品衛生研究所で分析を行った結果、

  • 危険ドラッグ84製品中42製品から麻薬又は指定薬物を検出
  • いわゆる健康食品72製品中44製品から医薬品成分を検出
  • 海外製医薬品と称する10製品中4製品から標ぼうと異なる医薬品成分が検出され、偽造医薬品と判明しましたのでお知らせします。

 なお、詳細は別添及び参考資料(製品写真)を御覧ください。